秋田県秋田市の歯医者 水上歯科医院

包括的治療

お口の中の状態改善には、炎症と力のコントロールを行う必要があるケースが多く存在します。包括的治療とは、炎症と力の要素について的確に診断し、最小の治療介入で最大の治療効果をあげることを目標とするものです。上顎、下顎を一つのフィールドと考え、各治療法を選択する。患者さん側にとって必要最低限な治療を施術することができて、「自分の歯はすべての面で理想的状態になった」と納得し、感じていただきたい。それが「包括」の目標と考えております。

包括的治療 症例

包括的治療 症例 1
術前写真術前初診時の写真です。お顔の歪みが確認されました。 術後写真術後安定した咬合状態になった為、お顔の歪みもなおっています。
  • 包括的治療 症例 1 来院時
    来院時
    歯ぎしりと肩こりを主訴として来院されました。咬合診査の結果、咬合の不調和が確認されました。
  • 包括的治療 症例 1 初診時
    処置中
    矯正処置を含めた、咬合治療を行いました。
  • 包括的治療 症例 1 処置中
    術後
    メンテナンス3年目。上下左右とも歯列の対象性が獲得されています。

包括的治療 症例 2
術前写真術前初診時、咬合診査。 術後写真術後メンテナンス3年目。機能性と審美性の両立が図られた。
  • 包括的治療 症例 2 来院時
    来院時
    義歯の不調を訴えて来院されました。
  • 包括的治療 症例 2 初診時
    処置中
    炎症のコントロールの後に矯正による歯牙ポジションの改善。
  • 包括的治療 症例 2 処置中
    処置後
    最終義歯の装着、メンテナンス3年目。義歯を併用し、咬合の安定が維持されています。

包括的治療 症例 3
  • 1. 初診時の口腔内所見。下顎5前歯以外はすべて補綴修復処置が行われていました。

  • 2. 初診時パノラマX線所見。左下臼歯部3歯連続欠損に対して、前後の2歯を支台歯としたブリッジが装着されていました。

  • 3. 咬合時、左下は咬み合っておらず、患者さんの顔貌からは右側の咬筋周辺に過緊張が観察されます。

  • 4. 中心位の確認をゴシックアーチ法で行ったところ、当初は顎位が不安定な状態でした。

  • 5. 顎位が安定した位置で、臼歯部にレジンキャップを装着し中心位での咬合の安定を図りました。

  • 6. プロビジョナル(仮歯)修復物の作製にあたり、フェイスボートランスファーを採得し基準設定を行いました。

  • 7. 診断用ワックスアップを行い、ガイドの位置調整を加えました。

  • 8. プロビジョナル(仮歯)修復時の正面観。

  • 9. その後、顎位が安定したことを確認し、左下臼歯3歯連続欠損部にインプラント埋入を行いました。

  • 10. インプラントが骨性結合した後に、近心傾斜を示していた#37に対して矯正治療を加えることで歯軸傾斜の改善を図りました。

  • 11. 右上犬歯欠損部にもインプラントの応用を行いました。

  • 12. 最終的に矯正治療を適用することで前歯部でのガイドを確立しました。

  • 13. 術後3年半経過時点でのパノラマX線所見。

  • 14. 同時期の口腔内所見

  • 15. 包括的な治療を行う場合、常に中心位を意識することが大切であり、と同時に適切な前歯の咬合状態を構築する必要があります。もちろん術中、術後を通じてのメインテナンスの継続が必要になることはもちろんです。


▲PageTop

サイトメニュー 歯周病専門サイト 院長ブログ 水上歯科医院facebook 歯医者ガイド 歯医者ガイド
[ 診療時間・お問い合わせ ]
秋田県秋田市泉北1-8-9
TEL:018-838-0088
平日 AM09:00~AM12:30
PM02:00~PM06:30
木曜 AM09:00~PM01:30
土曜 AM09:00~PM12:30
PM01:30~PM05:00
診療スケジュールはこちら