秋田県秋田市の歯医者 水上歯科医院

インプラント治療

従来、歯牙欠損部に対する修復処置としては、ブリッジ修復や入れ歯による修復が行われてきました。ブリッジ修復の場合は、隣在する歯牙を削る必要が生じ、入れ歯修復の場合でもバネをかける歯牙の平行性を確保するために歯牙を削る必要があります。歯科治療の目的である 「健全な天然歯列の構築」にはインプラント修復は不可欠なものとなってきていると申し上げても過言ではないと考えます。過去の症例を用い、インプラントをご説明させていただきます。

インプラント治療とブリッジ修復の違い

インプラント治療の場合
インプラント治療
  • 安定した噛み合わせを比較的長く保つことができる
  • 咀嚼能力が高いので、気にせず硬いものなどの食事ができる
  • 審美性が高いので、自分の歯に近い見た目に仕上げることが可能
  • 自然の歯に近い機能が期待でき、装着後の違和感がない
  • 定期的にメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができる
ブリッジ修復の場合
ブリッジ修復
  • 土台となる両隣の健康な歯を削る必要がある
  • 土台となる両隣の歯に噛む力が余計にかかるため、負担となってしまうので、その歯を喪失する可能性が高い
  • インプラントに比べて長持ちしない
  • 土台となる両隣の歯に問題が発生すると、再治療が必要になる

シムプラントでより安心なインプラント治療を

水上歯科医院では、安全と審美性を第一に考え、シムプラントを活用し、より安心なインプラント治療を行っております。シムプラントとは、ヨーロッパで開発された最先端のインプラント治療計画システムです。CT撮影とシムプラントによって骨の厚みや幅、上顎洞や下顎管の位置などはもちろん、骨の硬さなどレントゲン写真では得られない情報も事前に得られるため、非常に正確な診断が可能になり、より安全で確実なインプラント治療が行えるようになりました。

インプラント症例

  • インプラント症例1
  • インプラント症例2
  • インプラント症例3
  • インプラント症例4
  • インプラント症例5
  • インプラント症例6
インプラント症例 1 [ 部分欠損 ]
  • インプラント症例 1 初診時正面観
    初診時正面観
    上下臼歯部欠損により咀嚼(そしゃく)機能が低下していました。
  • インプラント症例 1 初診時X線所見
    初診時X線所見
    右側上下臼歯部の歯牙を欠損しており骨吸収も著しい状態でした。患者さんの希望であるインプラントによる修復処置を行うためには、骨量が不足しているため骨誘導再生(GBR)法を適用しました。
  • インプラント症例 1 修復処置後
    修復処置後
    術後3年。インプラント修復、歯列矯正処置など総合的な治療を行い、安定した歯列の構築が図られました。

インプラント症例 2 [ 部分欠損 ]
  • インプラント症例 2 初診時正面観
    初診時正面観
    歯牙動揺を主訴に来院された患者さん。左下、右上下臼歯部は歯牙欠損しており、歯列も波打っているため、上手く咬めない状態でした。
  • インプラント症例 2 初診時X線所見
    初診時X線所見
    左下臼歯部は残根状態にあり、歯周病の影響で全体的に支持骨のレベルも低下している状態でした。
  • インプラント症例 2 修復処置後
    修復処置後
    術後4年。歯周外科処置を含めた歯周治療を行うとともに、上下歯牙欠損部にインプラントを用いる事で安定した口腔内環境を構築できました。

インプラント症例 3 [ 下顎無歯顎 ]
  • インプラント症例 3 初診時
    初診時
    下顎無歯顎の患者さん。入れ歯の浮き上がりに困って来院されました。
  • インプラント症例 3 処置中
    処置中
    下顎に2本のインプラントを埋入し、磁性アタッチメントを装着しました。
  • インプラント症例 3 修復処置後
    修復処置後
    術後3年。下顎義歯内面に磁性体を装着することで、義歯の浮き上がり、動揺がなくなりました。

インプラント症例 4 [ モリタ デンタルマガジン2011年春号掲載 ]
  • 図01
    患者は26歳の女性。右上中切歯の違和感ならびに圧痛を訴えていた。同歯の唇側歯肉中央部に辺縁歯肉の腫脹を認める。
  • 図02
    X線所見からは根尖部まで緊密な根管充填がなされていた。
  • 図03
    ラバーダム防湿下で再根管治療を行った。マイクロスコープ下で根管内唇側面に歯質の亀裂を確認した。
  • 図04
    根管充填後、1カ月が経過しても不快症状が消退しなかった。歯根破折を疑い、確認のための確定的歯周外科を適用した。唇側歯根中央に垂直性破折線を確認した。
  • 図05
    右上中切歯の唇側骨壁はCEJ(セメント・エナメル境)より5mm程度吸収していた。
  • 図06
    CTのボリュームレンダリング像からも右上中切歯唇側骨壁の破壊と吸収が確認できる。
  • 図07
    右上中切歯の歯冠部を切断し、パワーチェーンを装着するためのフックを根管内に設置した。
  • 図08
    右上中切歯の両隣在歯に義歯人工歯を固定して、右上中切歯の歯根を挺出させることで硬組織と軟組織の増大を図ることにした。
  • 図09
    右上中切歯の移動状況は定期的にX線撮影で確認することにした。歯根挺出をゆっくり行うことで、唇側歯槽骨の再生を促した。
  • 図10
    右上中切歯抜歯前のCTスキャン。根尖部には感染を疑わせる所見は認めず抜歯即時埋入手術を選択することにした。歯槽堤の厚みは6mm弱でありこのような症例の場合SPI CONTACTインプラントの適応症であると考える。
  • 図11
    右上中切歯抜歯即時埋入手術時の切開線の設定。上唇小帯切離移動後埋入部位から最低1歯分離したところに縦切開部を設定することで、インプラント埋入同時GBRに対応する。
  • 図12
    右上中切歯抜歯後の口腔内所見。前出の図4と比較して唇側の骨壁の高さが回復していることがわかる。
  • 図13
    パイロットドリルでドリリング後、直径1.6mmのトライアルピンを挿入しX線撮影を行った。
  • 図14
    良好な初期固定を得るために、SPI CONTACTインプラントを遠心側の骨壁に沿わせて埋入を行った。
  • 図15
    右上中切歯抜歯部にSPI CONTACTインプラントの埋入を行った。埋入深度は左上中切歯のCEJから2mm下の位置とした。フィクスチャーのセルフタップにより良好な初期固定が得られた。
  • 図16
    インプラントと埋入窩のギャップに対して骨補填材と吸収性メンブレンを用いたGBR法(骨誘導再生法)を適用した。
  • 図17
    十分な減張切開を加えることで、緊張のない創面閉鎖が図れる。縦切開部の縫合は、ナイロン糸より絹糸の方が扱いやすいと考える。
  • 図18
    二次手術時の口腔内所見。M-Shape Flapのデザインを採用することで唇側の軟組織量を確保する。
  • 図19
    プロビジョナルレストレーション装着時の口腔内所見。この後、プロビジョナルレストレーションを用いてサブジンジバルカントゥアーの調整時期に移行する。
  • 図20
    プロビジョナルレストレーション調整時の口腔内所見。サブジンジバルカントゥアの調整は2~3週間毎に経過観察を加えながら慎重に行う。
  • 図21
    プロビジョナルレストレーション装着7ヶ月後の口腔内所見。インプラント周囲軟組織の状態は安定したと判断して、最終上部構造の作製を開始した。
  • 図22
    プロビジョナルレストレーションで誘導したサブジンジバルカントゥアの形態を作業模型上に再現することで、最終上部構造のサブジンジバルカントゥアも周囲軟組織に調和させることが可能になる。
  • 図23
    上部構造装着後、6ヶ月経過時点の口腔内所見。インプラント周囲の歯間乳頭様組織は維持されており、患者の満足度は高い。
  • 図24
    同時期の右側方面観。サブジンジバルカントゥアだけでなく、反対側同名歯のスープラジンジバルカントゥアーとの調和を保ったインプラント上部構造物を装着することが審美的にも満足できる補綴物を提供できる鍵になる。

インプラント症例 5 [ 左上中切歯部 ]
  • インプラント症例(左上中切歯部)
    インプラント症例(左上中切歯部)
    2002年1月、初診時の口腔内所見です。この患者さんは一連の治療を終えメインテナンスへと移行しました。
  • 口腔内所見 (2007,10)
    口腔内所見 (2007,10)
    2007年10月、メインテナンス時の口腔内所見です。
  • 左上中切歯 歯根破折
    左上中切歯 歯根破折
    2008年7月の時点で、左上中切歯に歯根破折を生じました。
  • 右上中切歯の評価
    右上中切歯の評価
    右上中切歯の歯根破折は歯肉縁下で生じており、歯根挺出を図った場合、歯根周囲の支持骨量が著しく減少します。患者さんと相談の上、同部に対しては抜歯ならびにインプラントの埋入を行うことにしました。
  • 部分矯正による歯根挺出
    部分矯正による歯根挺出
    抜歯予定歯に対して矯正力を加えることで、軟組織ならびに歯根周囲の骨量の増大を図りました。
  • 口腔内所見
    口腔内所見
    左は術前、右は抜歯直前の口腔内所見です。軟組織の高さと厚みが増大していることがわかります。
  • 抜歯即時インプラント埋入
    抜歯即時インプラント埋入
    左上中切歯部は抜歯後すぐにインプラントの埋入を行いました。
  • インプラント仮歯修復
    インプラント仮歯修復
    インプラントの仮歯修復直後の口腔内所見です。
  • 仮歯の形態修正
    仮歯の形態修正
    その後、時間を掛けながらインプラントの仮歯形態の修正を行いました。
  • 最終修復後 口腔内所見
    最終修復後 口腔内所見
    最終修復後、メインテナンス時の口腔内所見からは、インプラント上部構造周囲には歯間乳頭様組織が観察され、歯頸線の整合性も得られていることがわかります。

インプラント症例 6 [ 右上側切歯部 ]
  • インプラント症例(右上側切歯部)
    インプラント症例(右上側切歯部)
    患者さんの初診時口腔内所見です。上顎両側中切歯は歯肉の腫れが観察され、歯肉ラインも左右非対称です。
  • 初診時口腔内所見
    初診時口腔内所見
    右上側切歯は、歯根破折の診断の元、他院にて2週間前に抜歯処置を受けています。右上犬歯と中切歯を削ってブリッジにするとの治療方針を示され、セカンドオピニオンを求めて来院されました。医療面接を行ったところ、犬歯を削らず、インプラントで対応してほしいとのお話でした。
  • CT診査1
    CT診査1
    抜歯処置から2週間が経過していたため、唇側の骨板は吸収して骨の高さを失っています。
  • CT診査2
    CT診査2
    矢状面からも唇側の骨吸収が確認されました。インプラントの埋入を行うためには骨量が足りませんが、口蓋側の歯槽骨の高さは維持されていたため、インプラント埋入と同時にGBR(骨誘導再生)を適用することにしました。
  • インプラント埋入時
    インプラント埋入時
    頬側に6mmに及ぶ骨の裂開が確認されます。
  • インプラントプロビジョナル(仮歯)
    インプラントプロビジョナル(仮歯)
    一定の待機期間を経てインプラントの仮歯を装着しました。
  • 上顎両側中切歯
    上顎両側中切歯
    上顎両側中切歯の辺縁歯肉には炎症が継続して存在します。
  • 補綴物撤去
    補綴物撤去
    補綴物を撤去したところ、形成ラインが深く、左上中切歯は補綴修復に必要とされる、歯肉縁上の健全歯質が欠如した状態でした。
  • 根管治療 & 部分矯正
    根管治療 & 部分矯正
    両側中切歯の根管治療後、左上中切歯の歯根挺出を図るため、部分矯正処置を適用しました。
  • 歯冠長延長術
    歯冠長延長術
    十分な歯根挺出が得られた後、歯冠長延長術を適用し、歯頸線の整合性獲得ならびに歯肉縁上の健全歯質確保を図りました。
  • 術後所見
    術後所見
    術後のX線所見ならびに口腔内所見から、歯肉の炎症は消褪し、歯頸線の整合性も得られたことがわかります。

▲PageTop

サイトメニュー 歯周病専門サイト 院長ブログ 水上歯科医院facebook 歯医者ガイド 歯医者ガイド
[ 診療時間・お問い合わせ ]
秋田県秋田市泉北1-8-9
TEL:018-838-0088
平日 AM09:00~AM12:30
PM02:00~PM06:30
木曜 AM09:00~PM01:30
土曜 AM09:00~PM12:30
PM01:30~PM05:00
診療スケジュールはこちら