秋田県秋田市の歯医者 水上歯科医院

矯正歯科治療

矯正歯科は、見た目を良くするということも当然ありますが、歯並びの悪さは、美容の問題以外にも不正咬合、発音障害、むし歯、歯周病などの原因にもなります。また、義歯を付ける際、歯並びを治さないと義歯を付けられない場合があります。歯には力を加えるとその方向に移動する性質があります。その性質を利用して口の中に様々な矯正装置を入れて歯に一定の力をかけ時間をかけて歯を動かして治療していくものです。

矯正装置の種類について

プラスチックブラケット
プラスチックブラケット

歯によくなじみ、通常のメタルタイプよりも目立ちにくい。

ワイヤーは金属ですが、ブラケット部が透明で、歯になじみ通常のメタルタイプよりも目立ちにくくなっています。ワイヤー部はメタルタイプと同様のため、同じく高い効果が期待できます。

セラミックブラケット
セラミックブラケット

見た目がきれいな、女性に人気の矯正装置です。

セラミックで作られている矯正ブラケット装置です。耐久性、審美性に優れており見た目がきれいなので女性に人気の矯正装置です。目立たずに矯正治療を行うことができます。

矯正歯科治療の進行行程

[ Step 1 ] 初期カウンセリング
現在の問題点や悩みをお聞きしながら診察し、歯科矯正の概略・期間・費用などを説明します。
[ Step 2 ] 精密検査
診断に必要な頭蓋全体のレントゲン、歯列の模型、写真などの資料をとります。症状によっては、顎間接のレントゲンや顎の動きの機能検査もします。
[ Step 3 ] 検査の説明
精密検査の結果をもとに、治療方針・期間・費用の詳細を説明します。
[ Step 4 ] 歯磨き指導とクリーニング
治療中にむし歯や歯周病にならないように予防処置をします。既にむし歯や歯周病がある場合には治療します。
[ Step 5 ] 動的治療:半年~3年程度
矯正装置を装着して歯を動かし、段階的に治療を進めます。装置の装着後には3~4週間ごとに通院します。
[ Step 6 ] 静的治療(保定):2年程度
動的治療を終えてから、かみ合わせが安定するまで保定装置を使い、移動した歯をしっかり安定させます。

矯正歯科治療 症例

  • 大人の矯正症例1
  • 子供の矯正症例1
  • 大人の矯正症例1
  • 子供の矯正症例2
  • 子供の矯正症例3
矯正歯科治療 症例 1
  • 1. 上顎臼歯部の咬合崩壊のため、咀嚼障害を主訴とした男性。

  • 2. 初診時のレントゲン所見から、上顎左右小臼歯は歯根破折を起こしており抜歯対象と診断しました。

  • 3. #14は抜歯と同時にGBR(骨誘導再生法)を行いました。

  • 4. 左上臼歯部に対しては#26にインプラントを埋入するとともに#24,25部に対しては右上と同様にGBR(骨誘導再生法)を行いました。

  • 5. レべリングワイヤーを装着し、矯正治療を開始しました。

  • 6. 下顎にContraction Utility Archを装着し、下顎前歯の圧下と舌側移動を図りました。

  • 7. 術後パノラマX線所見です。上顎左右臼歯部に4本のインプラントを応用しました。

  • 8. 術後の口腔内所見。歯列の連続性、左右対称性が構築され、良好な口腔機能が獲得・維持されています。

矯正歯科治療 症例 2
  • 1. 進行した歯周炎の患者さん。上顎臼歯部は欠損しており、下顎が上顎に咬みこんでしまっており、上顎の両側中切歯は著しい動揺をしめしていました。

  • 2. 咬合支持の回復ならびに矯正治療の際の固定源確保のため、左下臼歯部、右上臼歯部ならびに左上臼歯部にインプラントの埋入を行いました。

  • 3. 上顎に治療用義歯を装着するとともに、下顎歯列矯正を開始しました。

  • 4. 上顎前歯部は、歯周炎の進行にともなって歯周支持組織の破壊が著しく、現状のままでは矯正治療に耐えないと判断し、歯周組織再生療法を適用することにしました。

  • 5. 汚染された歯根面のdebridementを行い、Endogain®を併用した歯周組織再生療法を行いました。

  • 6. 下顎歯列は左下のインプラントを固定源に加えた矯正治療を行った結果、歯列の連続性が回復しました。

  • 7. 上顎臼歯部のインプラントプロビジョナル(インプラントの仮歯修復)は中心位の位置で装着するよう配慮しました。

  • 8. 上顎前歯部に対する矯正治療を開始いたしました。

  • 9. 上顎前歯部は圧下処置を行うとともに、歯列全体を引き込む方向に矯正力を加えました。

  • 10. 術後の口腔内所見です。先程の症例と同様に、歯列の連続性が回復しています。

子供の矯正治療 症例

子供の矯正治療 症例 1
  • 咬合誘導 (初診時10才10ヶ月)

    1.初診時10歳10か月の女の子。主訴は上下前歯の咬み合わせが逆になっていることの改善希望でした。

  • 2.初診時の口腔な所見からは、永久歯への生え代わりの時期(混合歯列期)であることがわかります。

  • 3.先ずは、左側上下中切歯の被蓋改善を目的として、下顎にスライディングプレートを装着しました。

  • 4.プレート装着後、2か月弱で上下前歯部の被蓋は改善しました。

  • 5.上顎歯列にストレートワイヤーを装着し、上下顎の咬合関係全体の調和を図ります。

  • 6.矯正治療終了時の口腔内所見です。下顎第二大臼歯は萌出途上にあり、上顎第二大臼歯はまだ萌出していません。

  • 7.上下顎用のリテイナーを作製し、夜間装着していただきました。

  • 8.14歳7か月時点。第二大臼歯もきちんと萌出し、上下顎Ⅰ級関係の咬合が確立されました。

子供の矯正治療 症例 2
  • 初診時11歳6か月

    1.初診時11歳6か月の女の子。主訴は上顎左右犬歯が内側に生えてきたとのことでした。

  • 初診時口腔内所見

    2.初診時の口腔内所見から、混合歯列期にあり上顎両側乳犬歯の晩期残存により両側犬歯が内側に萌出してきたことが伺えます。

  • 晩期残存乳犬歯抜歯

    3.そこで両側乳犬歯の抜歯処置を行いました。

  • 舌側弧線装置&斜面版

    4.両側犬歯の唇側移動を目的として、舌側弧線装置を装着するとともに、下顎には上顎犬歯の移動を補助する目的で斜面板の装着を行いました。

  • 治療経過

    5.両側犬歯の唇側移動が始まった段階で、ブラケットならびにワイヤーの装着を行いました。

  • 治療経過

    6.ワイヤー装着から1か月半で両側犬歯の被蓋が改善しました。

  • 矯正終了時口腔内所見

    7.初診時の口腔内所見から、前臼歯のガイドの不調和並びに臼歯部での咬合干渉が観察されました。歯肉性状はThin Scallopを示しています。

  • リテイナーの装着

    8.その後、上顎にのみ夜間リテイナーの装着を行っております。

子供の矯正治療 症例 3
  • 咬合誘導 (初診時5才11ヶ月)

    1.子供の矯正は混合歯列期に行う場合が多いのですが、症例によっては早期に着手する必要があります。初診時5歳11か月の男の子。

  • 6歳9か月

    2.6歳9か月時点の口腔内所見です。上顎両側中切歯間が大きく開いています。上顎正中部に存在する過剰歯(2本)が原因でした。

  • 上顎正中部埋伏過剰歯

    3.上顎正中部の過剰歯抜歯を行いました。

  • 7歳8か月

    4.7歳8か月時点の口腔内所見からは上顎正中部の離開は軽減したものの、構音障害が存在し、小学校に併設されている「言葉の教室」に通っていました。そのため、構音障害改善を目的とした矯正治療を行うことにしました。

  • 相反固定

    5.離開を示した上顎中切歯に対しては相反固定による移動を図りました。

  • Space 閉鎖

    6.上顎正中部が閉鎖した段階で臼歯部までワイヤーの装着を行いました。

  • 8歳10か月

    7.8歳10か月の時点で上顎前歯のスペースが閉じ、構音障害が解消されました。

  • リテーナー装着

    8.リテイナーを装着し、後続永久歯の萌出スペースを確保しました。

  • 11歳3か月

    9.11歳3か月時点の口腔内所見からは、犬歯、第一大臼歯の咬合はⅠ級関係が保たれています。

▲PageTop

サイトメニュー 歯周病専門サイト 院長ブログ 水上歯科医院facebook 歯医者ガイド 歯医者ガイド
[ 診療時間・お問い合わせ ]
秋田県秋田市泉北1-8-9
TEL:018-838-0088
平日 AM09:00~AM12:30
PM02:00~PM06:30
木曜 AM09:00~PM01:30
土曜 AM09:00~PM12:30
PM01:30~PM05:00
診療スケジュールはこちら