秋田県秋田市の歯医者 水上歯科医院

審美歯科治療

歯科治療の目的は「健全な天然歯列の再構成」にあると考えます。そこには当然のごとく「審美」への配慮が求められます。その為には、ただ単に「白い歯」だけではなく、歯周組織と調和のとれた自然な「スマイル」を構築するための様々な配慮が求められます。水上歯科医院では、審美治療にも力を注いでいます。

審美歯科治療の種類

ホワイトニング

ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに白くする方法で、もともとわずかに黄ばんだ色をしていたり、飲食による着色・神経をとった後に歯が黒ずんでしまったなど原因は様々ですが、それをより白くします。個人差や同じ方の歯でも多少の差はありますが、ホワイトニング前と比べると明らかに本来の歯の白さを取り戻します。

長時間かけてじっくりと白くする、ホームホワイトニング

歯形に合わせた専用のマウスピースを作り、自宅でホワイトニング剤を入れたトレーを歯に数時間装着して、歯を白くしていく方法です。低濃度の薬剤を使いますので、長時間かけてじっくりと白くしていく必要があります。個人差はありますが、一般的に上顎のみで1週間~2週間の時間をかける分薬剤が深くまで浸透しますので、効果が持続することが特徴です。

セラミック治療

セラミック治療はセラミック製の人工歯や詰め物を用いた治療で、銀歯や銀の詰め物、小規模の不正咬合や色素沈着など、審美的な問題を解決したい場合に用います。芸能人なども受けている治療で、とても白く美しい歯にすることができます。

■ 本物そっくりの色合い・硬さを実現する、ハイブリットセラミック

天然歯のエナメル質に、とっても近い性質を持った樹脂です。金属を使用しないので、アレルギーのある方にも最適です。ナノフィラーと呼ばれる超微粒子セラミックをレジン(プラスチック)の中に高密度に混ぜ合わせたもので、セラミックとプラスチックの特性を合わせ持つ素材です。セラミックのような美しさと硬さがあり、プラスチックのような粘り強さがあります。

■ 本物と見分けがつかない美しさ、メタルボンド・ポーセレン

1本の歯でも、歯ぐきの部分、中央部、切端部(先の部分)と色がわかれ、さらに右側、中央、左側と色がかわります。したがって、単色の歯の色では両隣りの歯とは色があいません。そこで一つの基本色を決めて、少しずつ色を加えて自然歯とそっくりに創る技術が開発され、さらに補強のためにメタル(金属)を裏打ちに使ったものが、メタルボンド・ポーセレンです。

審美歯科治療 症例

審美歯科治療 症例 1
  • 審美歯科治療 症例 1 来院時
    来院時
    上の前歯に装着されているブリッジの形態不良ならびに色調不良の改善を希望され来院されました。
  • 審美歯科治療 症例 1 初診時
    初診時
    歯牙欠損部の粘膜形態を整える必要がありました。
  • 審美歯科治療 症例 1 処置中
    処置中
    プロビジョナルレストレーションにて歯肉ならびにブリッジの形態を修正しました。
  • 審美歯科治療 症例 1 修復処置後
    修復処置後
    術後3年。歯肉ラインに調和したブリッジ修復を行う事が出来ました。

審美歯科治療 症例 2
  • 審美歯科治療 症例 2 初診時
    初診時
    上の前歯に装着されているブリッジの形態不良の改善を主訴として来院されました。
  • 審美歯科治療 症例 2 処置中
    処置中
    ブリッジ除去時の口腔内所見。健全歯質が不足している状態でした。
  • 審美歯科治療 症例 2 修復処置後1
    修復処置後
    左上歯牙欠損部にインプラントを応用、歯間乳頭も獲得されました。
  • 審美歯科治療 症例 2 修復処置後2
    修復処置後
    口唇と調和した修復処置を行う事が出来ました。

審美歯科治療 症例 3
  • 審美歯科治療 症例 3 初診時
    初診時
    歯牙の形態並びに色調不良を主訴に来院されました。
  • 審美歯科治療 症例 3 処置中1
    処置中
    冠除去時、うしょくに罹患している状態が確認されました。
  • 審美歯科治療 症例 3 処置中2
    処置中
    歯肉ラインを整える歯周形成外科後、ファイバーホストにて支台築造を行いました。
  • 審美歯科治療 症例 3 修復処置後
    修復処置後
    歯周組織に調和した歯冠修復処置を行う事が出来ました。

審美歯科治療 症例 4
  • 1. 上顎前歯の変色を主訴に来院された患者さんです。冠の脱離や欠損歯も存在していました。

  • 2. 初診時のパノラマX線所見です。

  • 3. 上下顎前歯は叢生状態にあり、上顎4前歯は根管治療が行われており、健全歯質量が不足していたため、冠をかぶせる必要があります。

  • 4. 術前の口元の所見からは、歯軸が傾斜しており、歯の位置異常の結果、歯頚線も不揃いで、下唇ラインと歯の切縁ラインに不調和が観察されました。

  • 5. 歯冠修復を行う前に、歯の位置異常を矯正治療により解決することにしました。

  • 6. 矯正治療終了直前の口腔内所見です。上下顎前歯部の歯頚線も調和してきました。

  • 7. 上顎4前歯の位置が整ったため、冠を被せるための支台歯形成を行いました。

  • 8. 最終補綴物装着後の正面観です。歯頚線の左右対称性が獲得されました。

  • 9. 術後の口元の所見からは、補綴物切縁と下口唇のバランスが取れています。この症例のように、審美的な配慮必要とされる場合、矯正治療は有効な手立ての一つになります。

▲PageTop

サイトメニュー 歯周病専門サイト 院長ブログ 水上歯科医院facebook 歯医者ガイド 歯医者ガイド
[ 診療時間・お問い合わせ ]
秋田県秋田市泉北1-8-9
TEL:018-838-0088
平日 AM09:00~AM12:30
PM02:00~PM06:30
木曜 AM09:00~PM01:30
土曜 AM09:00~PM12:30
PM01:30~PM05:00
診療スケジュールはこちら